介護職のやりがい

わたしは、介護士の資格を取る専門学校を卒業した後、24歳になる現在まで4年間介護の仕事をしています。
介護の仕事は、利用者さんを抱き抱えたり入浴介助をしたりと、重労働な仕事です。
それもあって、今は特に若手の人材不足が介護の世界では問題になっています。
それにまして、少子高齢化の現在は介護施設を利用するお年寄りも増えて、介護職員の仕事はいくら人手があっても足りなくなってきています。
そんな大変な仕事ではありますが、わたしが4年間もこの仕事を続けられるのには、介護職の魅力というものもあるからです。
利用者さんも、世間で騒がれるような文句ばかり言ったり、ほかの利用者さんとトラブルを起こす方はほとんどいません。
みんな温厚で、わたしたち若い職員のことは、孫のように可愛がってくれます。
また、魅力としては職員も魅力の1つです。
介護の仕事を選ぶ人は、人の役に立ちたい、お世話をしてあげたいという優しい気持ちを持った人たちなのです。
また、将来は自分がお世話になるかもしれないからと、しっかり自分の老後のことも考えている人たちが多いのです。
ですので、働いてみても女性が多い職場ですが嫌味を言われたり、派閥ができたりするようなことはありません。
とても働きやすい職場であるのが魅力です。