介護職についてから学ぶこと

前、介護病棟で働いてました。介護は体力のある仕事だと思います。患者様の移動の介助1つにしても、介助方法を学んだ人がやらないと患者様のもですが、介護者もスムーズに出来ずお互いに苦痛を感じてしまいます。介護が必要な方一人一人違い、その人その人にあったやり方でやることにより、スムーズに介助が出来患者様の安心感にも繋がります。
スムーズにいくだけでは安心感はうまれませんが、声かけ1つ1つを大切にする、分かりやすく声かけする、患者様にあった目線で接するなど、気をつけることは沢山あり患者様の事を考えながらやる事が必要であると思います。
また、患者様みんなが口で訴える事ができる訳ではないので、表情や仕草などの訴えも観察しながらやらなければならない。訴えかたがなかなか分かりにくい方もいらっしゃいますが、その中でも患者様の特徴をとらえ他の職員との情報共有し介助をすることで患者様の安心感もうまれてきます。
介護は体力的にはつらいこともありますが、その患者様にあった介助方法を行うことでスムーズに安心感のある介助を行う事ができ、患者様との信頼関係もうまれ、コミュニケーションもとることができるので、介護職は大変と思うのではなく一人一人丁寧に接し、考えて介護すると良いとおもいます。